ニュース 2021.09.29. 07:29

阪神・佐藤輝明が野手ワーストタイの53打席無安打…名球会打者の診断は!?

無断転載禁止
阪神・佐藤輝明選手
2021.09.28 18:00
阪神タイガース 0 終了 2 広島東洋カープ
甲子園

大先輩から怪物へのアドバイス


 阪神の佐藤輝明が28日、甲子園での広島戦に「7番・右翼手」でスタメン出場したが、3打数無安打に終わり、1993年にトーベ(オリックス)が記録した53打席連続無安打の野手プロ野球記録に並んだ。

 深刻な打撃不振に陥っている佐藤について、現役時代に2度の首位打者を経験し、史上22人目の2000安打打者でもある解説者の谷沢健一さんが、28日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』内で言及。ある問題点を指摘した。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 谷沢さんは「きょうの3打席を見て、ひとつ言えるのは(タイミングをとるとき)顔が一度キャッチャーの方に動くということ。そうすると、次は(打ちに出るときに)ピッチャーの方に動いて、ちょっとずつスウェーしてしまう」と現状を分析。その結果として、「低めのボール球を振って空振りするし、高めのボール球も空振りする。頭が動くことでストライクとボールの判定ができない」との見解を示した。

 さらに、「タイミングをとるとき、足を上げたときに頭が動かないように、しっかり止まるようにすれば回復すんじゃないかと思う」とアドバイス。同日の放送でMCを務めた大久保博元さんも「彼が成長するための最高の試練」とエールを送り、前半戦でチームを牽引する活躍を見せたゴールデンルーキーの復活に期待を寄せた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西