ニュース 2021.09.30. 19:21

侍ジャパン・稲葉監督が退任会見で涙「感謝の気持ちでいっぱい」

無断転載禁止
退任記者会見でDeNAの山崎康晃投手(左)から花束を贈られ、笑顔で握手を交わす野球日本代表の稲葉篤紀監督

 サプライズでヤスアキも登場!


 侍ジャパンの稲葉篤紀監督が30日、指揮官としての任期を終え、退任会見に臨んだ。

 2017年7月31日の監督就任からの4年2カ月を振り返った稲葉監督は「身に余るような大役だったと感じるところですが、最高の結果が得られたということは、2017年に就任してから野球日本代表にかかわったすべての選手、コーチ、スタッフ、裏方さんや関係したすべての皆様のおかけです。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました」と、周囲のサポートに対する感謝を口にした。

 さらに、選手を快く送り出し、協力を惜しまなかった12球団やこれまでの対戦国、さらには野球の裾野を支えるアマチュアの各団体、そして侍ジャパンを応援してくれたファンにも感謝。「その役目を終えて思うことは、代表チームは本当に多くの方々に支えていただくことで活動できるものであると強く感じております」と続け、「今後の具体的な活動は未定ですけど、これからも日本の野球界を支えていきたいと考えています」と野球界に貢献していくことを誓った。

 また、挨拶の最後に「監督就任の話をいただいた当時、迷っていた私の背中を押して4年2カ月のあいだ、私の最大の理解者であり、応援し続けてくれた妻と子供たちに心からの感謝を伝えさせて…」と話したところで涙で言葉を詰まらせつつ、「ありがとう」と絞り出した。

 会見の終盤にはサプライズで巨人・坂本勇人選手、ヤクルト・山田哲人選手、ソフトバンク・甲斐拓也選手、レッズ・秋山翔吾選手からビデオメッセージが届き、さらに最後の花束贈呈の場面では会場に「ゾンビ・ネイション」が流れ、DeNAの山﨑康晃投手が登場。何も知らされていなかった指揮官はまた涙をこぼした。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西