ニュース 2021.10.03. 16:30

ソフトバンク・千賀「もう少し粘りたかった」中4日で先発も連敗ストップならず

無断転載禁止
ソフトバンクの千賀 (C) Kyodo News
2021.10.03 13:00
オリックス・バファローズ 3 終了 0 福岡ソフトバンクホークス
京セラD大阪
○ オリックス 3 - 0 ソフトバンク ●
<23回戦 京セラD大阪>

 ソフトバンクは前カードから4連敗。反撃ムードでオリックスの敵地に乗り込んだが3タテを食らい、首位と8ゲーム差に突き放された。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ソフトバンクは千賀が中4日で今季初めてオリックス戦に先発するも、2回に4番・杉本裕太郎に29号先制ソロを許し、4回には二死一塁から連打で失点。続く5回はバスターヒッティングの奇襲にも見舞われ、内野ゴロの間に3点目を失った。

 吉田正尚を欠くオリックス打線を相手に、6回(93球)を投げて6安打3失点、5三振1四球の内容。粘りの投球で8試合連続クオリティースタート(6回以上自責点3以下)をマークしたものの、打線が3安打に抑え込まれ、2試合連続の完封負けを喫した。

 千賀は降板後、「先制点が大事になることは分かっていた。ホームランを打たれてしまいましたが、気持ちが切れることなく投げる事はできた。2点目がすごく痛かったし、何とか防ぐことができたら良かった。チームの為、もう少し粘りたかった」とコメント。連敗ストップへ挑んだ2年ぶりの中4日登板も及ばず、悔しさを滲ませた。

 今季残り16試合でチームは再び借金「2」。この日は3位楽天も敗れたため、CS進出圏内まで変わらず「3」差となっている。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西