ニュース 2021.10.04. 14:19

楽天が藤田一也に戦力外通告 石井GM兼監督「プレーヤー以外のポジションで球団に残っていただけるような打診を」

無断転載禁止
楽天・藤田一也選手

 本人には現役続行の意思も


 楽天は4日、藤田一也内野手(39)と来季の選手契約を行わない意向を発表した。

 今回の決定と発表時期について、石井一久取締役ゼネラルマネージャー(GM)兼監督は「藤田選手はイーグルスの歴史を作ってくれた大事な選手ですので、これからもプレーヤー以外のポジションで球団に残っていただけるような打診をさせていただきました。球団としても功労者である藤田選手の意思や決断の時間を尊重したい思いがあり、早い時期での発表とさせていただきました」とコメント。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 一方の藤田は「球団から大変良いお話しをいただきました。イーグルスには感謝しかありません」と述べつつ、「野球選手としての大事な決断をするにあたり、現役へのこだわりも球団には理解していただいておりますので、しっかり考えていきたいと思います」と続け、現役続行の可能性も示唆した。

 藤田は、2004年のドラフト4巡目で近畿大から横浜に入団。2012年の6月に交換トレードで楽天に加入し、名二塁手として翌2013年の日本一に貢献した。その後も主力選手として活躍したが、近年は出場機会が減少。今季は開幕から二軍での調整が続き、一軍での出場機会はなかった。

 一軍での通算成績は1407試合に出場、打率.268(3804打数1019安打)、24本塁打、322打点、37盗塁。13年と14年にベストナインを、13年、14年、16年にはゴールデングラブ賞も受賞している。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西