ニュース 2021.10.05. 12:15

日本ハムが育成3年目の海老原に戦力外通告 育成ドラフト1号、支配下昇格ならず

育成ドラフト1号、支配下昇格ならず


 日本ハムは5日、育成契約の海老原一佳選手(26)と来季の契約を結ばないことを発表した。

 海老原は創価高から創価大、BCリーグ・富山を経て、2018年の育成ドラフト1位で入団した外野手。同球団にとっては初の育成ドラフト指名選手だった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 ファーム45試合に出場した2年目の昨季は、力強いスイングを武器にチーム2位の10本塁打を放つなど持ち味をアピールしていたが、今季は41試合の出場で打率.169、2本塁打と低迷。

 育成契約の選手については在籍3シーズンで一度自由契約となる規定があるが、球団は来季の契約を結ばないことを通達。ファーム本拠地の鎌ヶ谷で目指していた支配下昇格には届かず、育成3年目のシーズンを最後に退団することになった。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西