ニュース 2021.10.05. 21:00

巨人・高橋、4回途中3失点で降板 江本氏、交代は「遅いくらい」

無断転載禁止
巨人・髙橋優貴 (C)Kyodo News
2021.10.05 18:00
東京ヤクルトスワローズ 3 終了 2 読売ジャイアンツ
神宮
○ ヤクルト 3 - 2 巨人 ●
<20回戦 神宮>

 巨人の先発・高橋優貴が4回途中3失点でノックアウトとなった。

 高橋は初回から毎回得点圏に走者を背負いながらも無失点に抑えてきたが、3回に内野ゴロの間に先制点を許す。0-1の4回に先頭の西浦直亨にレフトスタンドに放り込まれると、続くサンタナにも逆方向に被弾。ここで原監督が球審に投手の交代を告げ、高橋は降板となった。

 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏はこの交代に「遅いくらい」とバッサリ。「よくいえば、今日はちょっとプレッシャーのかかる試合ですから、力も入ってくるだろうし。その球がみんな甘くなってやられている」と打たれた原因について分析していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM