ニュース 2021.10.05. 23:13

ヤクルトが接戦制して4連勝! 2安打1打点の西浦「みんながひとつになっている」

無断転載禁止
ヤクルト・西浦直亨
2021.10.05 18:00
東京ヤクルトスワローズ 3 終了 2 読売ジャイアンツ
神宮

大事な6連戦の初戦を勝利


 「優勝」という2文字に向かって、チームが一丸となっているのがわかる。

 ヤクルトは5日、巨人、阪神と戦う大事な6連戦の初戦で勝利。先発の小川泰弘は6回6安打2失点で9勝目。7回以降は今野龍太、清水昇、マクガフの必勝リレーで守り切り、4連勝を飾った。

 打線は3回一死一、三塁から村上宗隆が放った痛烈な打球に巨人の遊撃手・坂本勇人が飛びつくと、二塁へ送られアウト。一塁にも転送されたが、村上は執念のヘッドスライディングでセーフに。先制点をもぎ取った。

 4回には、先頭の6番・西浦直亨がレフトスタンドへ4号ソロ。「打者有利なカウントだったので、取りにきたら思い切って打ちにいくと決めていた。一発で仕留めることができて良かった」と振り返った一打でチームメイトに迎えられると、力強いガッツポーズを見せた。

 それだけでは終わらない。続く7番・サンタナが今度はライトスタンドへ14号ソロ。「最初の打席でチャンスを広げられなかったので、初球から甘い球は全部打ちにいくと決めていた」と、こちらも積極的な打撃が功を奏した。

 9月は打率.321で、10月も好調をキープしたい西浦は、2打数2安打の活躍。「チームが勝つために何をしたら良いのか考えていることが良い結果につながっている」と胸を張り、「チーム一丸でみんながひとつになっている感じがすごいある」と、雰囲気の良さを強調した。

 6年ぶりの優勝へ向け、ラストスパートをかけたいヤクルト。それでも目の前の1試合に集中することだけは変わらない。最後まで自分たちの野球を貫き、歓喜のゴールテープを切る。

取材・文=別府勉(べっぷ・つとむ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西