ニュース 2021.10.06. 12:31

ヤンキース、宿敵Rソックスに敗れ終戦…松井MVP以来の世界一はまたお預け

無断転載禁止
3回途中でマウンドを降りるヤンキース先発のコール(中央)
【ア・リーグ:ワイルドカードゲーム】
○ レッドソックス 6 - 2 ヤンキース ●
<現地時間10月5日 フェンウェイ・パーク>

 メジャーリーグのポストシーズンが5日(日本時間6日)に開幕。まずはア・リーグのワイルドカードゲームが行われ、1試合勝負を制したレッドソックスがレイズの待つ地区シリーズ進出を決めた。敗れたヤンキースは終戦。松井秀喜がワールドシリーズMVPに輝いた2009年以来となる世界一には、またしても届かなかった。

 ヤンキースはア・リーグ最多勝(16勝)に輝いた先発・コールが誤算。初回、二死から四球を与えたあと先制2ランを浴びると、3回も3失点目となるソロ弾を食らい、3回途中4安打3失点でノックアウトされた。

 打線は3点を追う6回、1番・リゾの右越えソロでようやく1点を返すも、なおも一死一塁で3番・スタントンのグリーンモンスター直撃打で本塁生還を狙った一走・ジャッジがタッチアウト。痛恨の走塁死で反撃ムードはしぼんでしまった。

 5点を追う9回にスタントンが右越えソロを放つも空砲。宿敵・レッドソックスとの一発勝負に敗れ、ヤンキースの2021年シーズンは幕を閉じた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西