ニュース 2021.10.09. 07:14

鷹の打撃職人が引退を決断 ソフトバンク・長谷川は「圧力をかけられる打者」

無断転載禁止
ソフトバンク・長谷川勇也

ケガで1232試合の出場に留まるも1108安打を記録


 ソフトバンクの長谷川勇也選手(36)が8日、今季限りで現役を引退することを発表。

 9日に会見を開き、自身の言葉で引退について語るという。



プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


 酒田南高から専修大を経て、2006年のドラフト5位でソフトバンクに入団した長谷川。

 通算15年で1232試合に出場。2015年以降は故障にも苦しみ、安定した出場機会を確保できなかった中、通算打率は.288、安打も1108本をマークしている。

 今季は代打の切り札として控えつつ、時にはスタメンで起用に応える1試合2本塁打を放つなど、ここ5年で最多の70試合に出場。しかし、ソフトバンクの打撃職人は今季限りでユニフォームを脱ぐことを決断した。



 8日に放送されたCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でも、長谷川の決断が話題に。

 通算2062安打を放った谷沢健一氏は、「大きなケガがあってね…」と近年の出場数減を悔やみつつ、「投手に圧力をかけられる打者でしたよね」とその特徴を振り返る。

 「打席を見ると、いつもホームベースの近くに軸足が経って、投手に踏み込んでいくという。その辺の“圧”というのが、長谷川らしさだったなと思う」と語り、これまでの奮闘をねぎらった。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西