ニュース 2021.10.09. 08:30

若松氏、燕・西浦の中安に「崩れても…」

無断転載禁止
ヤクルト・西浦直亨
2021.10.08 18:00
東京ヤクルトスワローズ 4 終了 1 阪神タイガース
神宮
○ ヤクルト 4 - 1 阪神 ●
<21回戦 神宮>

 ヤクルトの西浦直亨が本塁打を含む2安打1打点で勝利に貢献した。

 西浦は1-0の2回二死走者なしから阪神先発・高橋遥人が投じたストレートをレフトポール直撃の第5号ソロを放つと、5回無死一塁の第2打席は低めのチェンジアップをセンター前に運ぶ安打。

 この安打に8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-阪神戦』で解説を務めた若松勉氏は「野手もバッティングというのは崩れても、うまく下半身がついていかないと。それが西浦はようやくできるようになってきたと思いますよ。今までそういうボールは空振りしていましたからね」と、西浦の成長を感じたようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM