ニュース 2021.10.11. 19:44

ソフトバンク・王会長、ドラフトに大満足「久々に満点といえる結果」

無断転載禁止
ソフトバンクの王貞治会長
 ソフトバンクの王貞治会長が、11日に行われたドラフト会議 支配下選手指名について球団を通じてコメントした。

 ソフトバンクはドラフト前に1位指名を公言していた風間球打(明桜高)の交渉権を獲得し、2位以降も東京六大学野球のスラッガー正木智也(慶応大)など5人の選手を指名した。

王会長は 「望んでいたとおり風間君の交渉権が獲れて、その後の指名も狙いどおり。今年は久々に満点と言える結果になったんじゃないかな。大いに期待が持てる選手たちだし、入団後はチームに良い緊張感と活力をもたらしてくれるといいね」と充実のドラフトを振り返った。

▼ ソフトバンク
1位 風間球打(投/明桜高)
2位 正木智也(外/慶応大)
3位 木村大成(投/北海高)
4位 野村 勇(内/NTT西日本)
5位 大竹風雅(投/東北福祉大)

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM