ニュース 2021.10.12. 21:44

井端氏、阪神・佐藤輝明は「振れるところまできた」

無断転載禁止
阪神・佐藤輝明
2021.10.12 18:00
読売ジャイアンツ 1 終了 2 阪神タイガース
東京ドーム
● 巨人 1 - 2 阪神 ○
<23回戦 東京ドーム> 

12日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-阪神戦』で解説を務めた井端弘和氏が、阪神・佐藤輝明の打撃について言及した。

 佐藤は0-0の2回一死一塁の第1打席、巨人の先発・メルセデスが1ストライクから投じた2球目のストレートをライト前にはじき返した。この安打に井端氏は「詰まっているんですけど、しっかり振り抜きましたよね」と評価。

 井端氏は「振れるというところまできたなという感じですよね。今までは振ろうと思っても、ボールがきてるとか、振ろうとしたらボールがきてないとか、自分の間合いで振れていなかった。ちょっと詰まりましたけど、1個ポイントが前だったら、外野を越す当たりを打っていたと思いますね」と分析していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM