ニュース 2021.10.13. 16:56

西武・松坂大輔が10月19日に引退登板 辻監督「18番を背負って登板します」

無断転載禁止
西武・松坂大輔
2021.10.19 17:45
埼玉西武ライオンズ 試合前 北海道日本ハムファイターズ
メットライフ

「松坂をマウンドに上げたかった」“18”グッズも販売へ


 西武は13日、今季限りでの現役引退を表明している松坂大輔投手(41)が19日の日本ハム戦(メットライフドーム)で引退登板することを発表した。

 松坂は2020年7月に「脊椎内視鏡頸椎手術」を受け、当初は2~3カ月での復帰を目指していたが状況は好転せず、今年7月7日に現役からの引退を表明。昨年3月15日・ヤクルト戦(オープン戦)を最後に実戦登板から遠ざかっており、今季は一度も登板機会がなかったが、引退会見を開く10月19日に西武復帰後では最初で最後の公式戦マウンドに上がることになった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 辻発彦監督は「10月19日、松坂の引退試合ということで、18番のユニフォームを背負って登板します」と、かつて背負っていたエースナンバーを一日限定で復活させることも明言し、「野球界のために尽力してきた松坂をマウンドに上げたかった。ファンの皆さまの前でその姿を見せることができるようになり良かったです」とコメントした。

 松坂の引退に伴い、球団は功績を振り返るメモリアルグッズを展開することも発表しており、フェイスタオル、Tシャツ、キーホルダー、ポストカードなど、受注販売商品をあわせて40種のラインナップを用意。

 各種グッズは引退登板前日の10月18日より『ライオンズ チームストアフラッグス』『ライオンズチームストアゲートサイド』『ライオンズストアオンライン』にて販売される。グッズ販売に関する詳細は球団HPにて。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西