ニュース 2021.10.15. 16:14

ソフトバンク・川島慶三のV打にファン歓喜!「勝負強さは健在」

無断転載禁止
8回に決勝の適時三塁打を放つソフトバンク・川島 (C)Kyodo News
2021.10.14 18:00
東北楽天ゴールデンイーグルス 5 終了 6 福岡ソフトバンクホークス
楽天生命パーク

ベテランが値千金の一打


 ソフトバンクの38歳ベテラン・川島慶三が値千金のV打を放ち、大逆転でのCS進出に望みをつないだ。

 CS圏内まで6ゲーム差の4位・ソフトバンクは14日、3位の楽天と対戦。2-2の同点で迎えた7回裏、楽天の1番・山﨑剛に2ランを浴びるなど、3点のリードを許す展開に。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 しかし、直後の8回表、ソフトバンクが反撃にでる。四球とヒットなどで満塁の好機を作ると、4番・柳田悠岐の適時打に相手のエラーも絡み、一気に同点。なおも、二死二塁の場面で、ベテラン・川島が代打で登場。すると楽天・安樂が投じた5球目のチェンジアップを捉え、外野の頭を悠々と越える勝ち越しの三塁打となった。

 結果的にこれが決勝打となり、ソフトバンクが勝利。「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeでは、「【絶対】代打・川島慶三 値千金の決勝打【諦めない】」というタイトルでベテランの一打を紹介。ファンからは「勝負強さはまだまだ健在」、「これぞベテランという活躍」と絶賛されていた。

 この日の適時打で川島の得点圏打率は「.304」となり、CS出場ラインとなる3位楽天とのゲーム差は残り7試合で「5」。厳しい状況に変わりはないが、頼れるベテランの一打で勢いに乗っていきたいところだ。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西