ニュース 2021.10.17. 08:30

若松氏、ヤクルト・村上の“走塁”に「うまさがある」

無断転載禁止
ヤクルト・村上 (C)Kyodo News
2021.10.16 18:00
東京ヤクルトスワローズ 3 終了 5 中日ドラゴンズ
神宮
● ヤクルト 3 - 5 中日 ○
<25回戦 神宮>

 ヤクルトの4番・村上宗隆の“足”が先制点をもたらした。

 0-0の2回、先頭打者で迎えた村上は四球を選び出塁すると、続くオスナのライト前安打で一気に三塁を陥れる。村上は中村悠平の二併の間に先制のホームを踏んだ。

 16日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト-中日戦』で解説を務めた若松勉氏は「ライト前でサードまで走る村上の姿勢ですよね。これはスゴイですよね。そのへんの上手さはありますよね」と評価した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM