ニュース 2021.10.20. 08:00

山﨑武司氏、西武・松坂は「全ての球種が一級品」

無断転載禁止
引退試合の日本ハム戦に先発した西武・松坂 (C)Kyodo News
19日に放送された『ショウアップナイタースペシャル 阪神-ヤクルト戦』で解説を務めた山﨑武司氏が、西武の松坂大輔について言及した。

 山﨑氏は「良いピッチャーのウイニングショットにフォーク、スライダーとかありますけど、いつも例えるのは松坂大輔、ダルビッシュ、マー君、マエケン、大谷とかたくさんいますが、そのなかでも松坂大輔という投手は全ての球種が一級品なんですよ」と評価。

 続けて山﨑氏は「ダルビッシュと大谷はまっすぐ、マー君とマエケンはスライダー、ですけど松坂大輔はまっすぐが良い、カットが良い、ツーシームが良い、追い込まれたらお手上げ状態なんですよね。球種が絞れずに超一級品のボールを投げてくるので、打てる確率が難しくなりますよね。なかなか打てませんでした」とそのすごさを語った。

 山﨑氏は「アマチュア野球もレベルがどんどんあがってきて、プロ野球の指導者も教えられるようになりましたので、レベルが上がってきている。そのなかで第二の松坂大輔、松坂大輔を超えるピッチャーは出てくると思います」と期待した。

 松坂は19日、本拠地・メットライフドームでの日本ハム戦で引退登板を行い、横浜高校の後輩である近藤健介と対戦。3ボール1ストライクから投じた5球目が内角に大きく外れ、現役最後は四球で終えた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM