ニュース 2021.10.21. 22:20

若松氏が指摘したヤクルト・塩見の後逸の原因

無断転載禁止
7回広島無死一、二塁、宇草の中前打を後逸するヤクルトの中堅手塩見。同点を許す(C)Kyodo News
2021.10.21 18:00
東京ヤクルトスワローズ 7 終了 11 広島東洋カープ
神宮
● ヤクルト 7 - 11 広島 ○
<23回戦・神宮>

 21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ヤクルト-広島戦』で解説を務めた若松勉氏が、ヤクルトのセンター・塩見泰隆が後逸した場面について言及した。

 6-3の7回無死一、二塁から宇草孔基が放った打球はセンターへ。しかし、この打球をセンター・塩見が後逸してしまう。打球が転々としている間に二塁走者・會澤翼、一塁走者・長野久義に続いて、打者走者の宇草の生還も許してしまった。

 この守備に若松氏は「宇草のセンター前を後ろに逸らすというのは外野手としたら恥ずかしいよね」とバッサリ。続けて若松氏は「正面で止めて捕るか。ダッシュして横で捕ってきてホームで刺すのか。ホームで刺す方の捕球だったわけだよね。グラブが狭まってボールが入る余地がなかったですよ」と技術的に後逸した原因を指摘。

 「ああいうところでの捕球。正面で捕るのか、外野手は後ろに逸らしたら、後ろは誰もいない。絶対に逸らしちゃいけない。もう少し守備でも勉強してやってほしいよね」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM