ニュース 2021.10.22. 10:00

若松氏、広島の育成力を評価「育てるのがうまい」

無断転載禁止
広島・小園海斗(C) Kyodo News
 21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル ヤクルト-広島戦』で解説を務めた若松勉氏が、広島の育成力を評価した。

 同日のヤクルト戦で、2回に高卒3年目の林晃汰がレフト方向に第10号2ラン。若松氏は「アウトコース低めのボールを引っ張らずにうまくバットをインサイドから出して、左中間にもっていきましたね。パンチ力がありますよ」と絶賛。

 同じく高卒3年目の小園海斗は、3回の第2打席にレフト前に安打を放った。若松氏は「今年はこういう安打が多いですよね。落ちるボールはうまく片手一本で、拾ってというバッティングが多いですよ」と話した。

 若松氏は「広島もショートの田中がダメだったら、小園がパッと出てきますもんね。若い選手を育てるのがうまいですよね」と広島の育成力の高さを褒めるように、小園は規定打席に到達し、林はこの試合で2桁10本塁打を達成した。さらには高卒5年目の坂倉将吾が打率.313、大卒2年目の宇草孔基も1番でスタメン出場するなど、野手の世代交代が着々と進んでいる。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM