ニュース 2021.10.23. 11:29

ソフトバンク・今宮は「左脛骨骨挫傷」 21日の日本ハム戦で負傷交代

無断転載禁止
ソフトバンク・今宮健太

2~3週間は状態を見ながら練習


 ソフトバンクは23日、所属する今宮健太選手(30)の受診結果を発表。

 「左脛骨骨挫傷」と診断され、今後2~3週間は受傷部の状態を見ながら練習を行っていくこともあわせて発表した。



プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


 今宮は2009年のドラフト1位で明豊高からソフトバンクに入団したプロ12年目の内野手。

 ショートのレギュラーとして今季も125試合に出場していたが、21日の日本ハム戦で守備中に相手選手と交錯。そのまま負傷交代となり、状態に注目が集まっていた。

 一夜明けて22日、佐賀市内の病院でMRI検査を受けたところ、「左脛骨骨挫傷」との診断。同日付で一軍登録も抹消となっており、3試合を残して2021年シーズンを終えることが決まった。



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西