ニュース 2021.10.23. 17:46

ヤクルト”惨敗”で6年ぶりVへ足踏み 石川1/3回4失点で5敗目、20年目で最短KO

無断転載禁止
ヤクルト・石川雅規
2021.10.23 14:00
読売ジャイアンツ 11 終了 1 東京ヤクルトスワローズ
東京ドーム
○ 巨人 11 - 1 ヤクルト ●
<24回戦・東京ドーム>

 優勝マジックを3としているヤクルトは引き分けを挟み3連敗。自力でマジックを減らすことはできなかった。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 先発の石川が誤算だった。初回、1番・松原、2番・坂本に連打を許すと、続く丸には先制の3ラン被弾。内角のチェンジアップを右翼席中段へ運ばれた。さらに、4番・岡本を四球で歩かせると、5番・ウィーラーは中飛に退けたものの、続く中田には左翼への二塁打、大城には死球を与え満塁のピンチを招き降板となった。

 一死満塁でリリーフした大西が適時打を許し、打者7人と対戦した石川は4安打2四死球で計4失点。1/3回での降板はプロ入り最短となり5敗目(4勝)を喫した。

 5回以降も4番手・今野、6番手・星が押し出し四死球を連発するなど、計11被安打11失点、11与四死球と“投壊”。打線も計3安打1得点と振るわず、6年ぶりのリーグ優勝へ暗雲が垂れ込める惨敗を喫した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西