ニュース 2021.10.24. 17:33

阪神、逆転優勝へ4連勝 佐藤輝24号3ラン、伊藤将は両リーグ新人最速10勝目

無断転載禁止
阪神・伊藤将司 (C)Kyodo News
2021.10.24 14:00
広島東洋カープ 2 終了 7 阪神タイガース
マツダスタジアム
● 広島 2 - 7 阪神 ○
<25回戦・マツダスタジアム>

 阪神は2引き分けを挟み4連勝。投打両面で新人選手の活躍が光った。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 阪神は0-0で迎えた2回、広島先発・九里に対し、一死から5番・木浪、6番・ロハスが連打。一、三塁の好機で7番・佐藤輝が打席に入り、5球目の高め直球を振り抜いた打球は右翼席上段に着弾する先制3ランとなった。

 打った瞬間それとわかる一撃に、右翼・鈴木誠は一歩も動かず。佐藤輝の一発は23号ソロを放った8月19日のDeNA戦(東京ドーム)以来、実に66日ぶり。8月下旬から59打席連続無安打と苦しんだが、逆転優勝へ負けられない一戦でチームに貴重な先制点をもたらした。

 2点リードの7回は3番・糸原の中犠飛で4点目。8回は8番・坂本の右越え2点適時二塁打と1番・島田のスクイズでダメ押しの3点を加えた。

 投げては先発の伊藤将が好投。3点リードの2回に5番・坂倉に右越えソロを浴びたが、尻上がりの内容で勝利投手の権利を得た。6回途中4安打1失点で10勝目(7敗)。楽天・早川、日本ハム・伊藤らより早く、両リーグ新人最速で2ケタ勝利に到達した。

 阪神はドラフト1位・佐藤輝、同2位・伊藤将の新人コンビの活躍もあり敵地で快勝。優勝マジック3でナイトゲームでの巨人戦を控えるヤクルトにプレッシャーをかけた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西