ニュース 2021.10.25. 07:44

ロッテ、石川の快投でマジック3 解説陣はゲームメイク能力を称賛

無断転載禁止
ロッテ・石川歩 (C)Kyodo News
2021.10.24 14:00
千葉ロッテマリーンズ 3 終了 2 北海道日本ハムファイターズ
ZOZOマリン

宝刀・シンカーも冴え渡る快投劇


 ロッテが僅差のゲームを制し2連勝。残り4試合で優勝へのマジックを「3」に減らし、オリックスを勝率差で抜いて単独首位に浮上した。

 先発の石川歩は立ち上がりの3イニングこそ走者を背負ったが、3回二死から8回二死まで15者連続アウトの快投でゲームメイク。8イニングを105球で投げきり、無四球4安打無失点の内容で今季6勝目(3敗)を手にした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 24日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した江本孟紀さんは「立ち上がりはちょっとボールのキレが今ひとつでしたけど、だんだん良くなってね、特に4、5、6回の一番大事なところで三者凡退。この辺で今日は最後まで行くぞというような流れになりましたね」と、石川の投球を振り返った。

 同じく番組に出演した笘篠賢治さんは「こういった負けられない状況の中で、彼の経験値という部分ですよね。淡々とポーカーフェイスで、ああいう投球でチームが落ち着くところもある」と、落ち着いたマウンド捌きが野手陣に好影響を与えたと指摘。

 この日は遊撃手のアデイニー・エチェバリアが再三の好守を見せて守り立てたが、江本さんも「今日は守備で相当助けられたところもあったけど、石川のピッチングのリズムが野手のリズムに影響を与えたと思う」と、その基点に右腕の快投があったことを強調した。

 まさに“ゲームメイカー”として先発投手の役割を果たした背番号12。テンポよくアウトを積み重ねる熟練の投球術が、優勝へと前進する貴重な白星を呼び込んだ。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西