ニュース 2021.10.26. 17:42

ロッテが田村の『左内腹斜筋損傷』を発表 25日の試合前練習で痛み

無断転載禁止
ロッテ・田村龍弘
 ロッテは26日、田村龍弘捕手が浦安市内の病院で『左内腹斜筋損傷』と診断されたと発表した。

 球団の発表によると田村は、25日のソフトバンク戦の試合前練習中に、左内腹斜筋に痛みを感じていたという。なお、田村は26日に一軍登録抹消されていた。

 田村は今季4月28日に『左大腿二頭筋肉離れ』で離脱し、6月23日のソフトバンク戦から一軍復帰。オールスター明けは、中日からトレードで加入した加藤匠馬がスタメンマスクを被ることが多かったが、田村も8月29日の楽天戦で0-0の9回に、粘りに粘った10球目に決勝の適時打、10月25日の日本ハム戦で先制の適時二塁打を放つ働きを見せれば、守っても10月13日のオリックス戦で先発・石川歩を完投勝利に導く好リードを見せていた。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西