ニュース 2021.10.26. 22:52

日本ハム、本拠地最終戦はサヨナラ勝ち 退任の栗山監督があいさつ&胴上げ

無断転載禁止
ホーム最終戦後に胴上げされた日本ハムの栗山監督 (C)Kyodo News
2021.10.26 18:00
北海道日本ハムファイターズ 1 終了 0 埼玉西武ライオンズ
札幌ドーム
○ 日本ハム 1x - 0 西武 ●
<25回戦・札幌ドーム>

 日本ハムは本拠地最終戦にサヨナラ勝ち。試合後には今季限りでの退任が決まっている栗山英樹監督(60)が本拠地ファンにあいさつした。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 日本ハムは先発の上沢が8回途中5安打無失点と快投。2番手で登板した宮西は入団から14年連続となる50試合登板を達成した。9回表は抑えの杉浦が締め完封リレー。その裏、一死満塁で代打・松本が押し出し四球を選びサヨナラ勝ちした。7回には今季限りでの引退を発表している谷口が痛烈な代打安打をマーク。見どころの多い本拠地ラストゲームとなった。

 試合後には最終戦セレモニーが行われ、2012年から10年間チームを率いた指揮官は「昨年に続き、このコロナ禍。本当に多くの方が大変な思いをされています。何がなんでも喜びや笑顔をお届けしていと思ってやってきましたが実現できませんでした。ただ、ここにいる全員が悔しさを感じています。来年は必ず、みなさんに優勝というプレゼントを届けてくれるはずです。私は今シーズンでユニフォームを脱ぎます。これからはみなさんと一緒に、この選手たちを応援していきます。来シーズンはお世話になった札幌ドーム最終年、そのあとは新球場へとつながっていきます。くれぐれもどうか、ファイターズのこと、選手たちのことをよろしくお願いします。本当に長い間、ありがとうございました」とあいさつした。

 セレモニーの後、在任年数と同じ10度胴上げされた栗山監督。今季は敵地での2試合を残すのみとなり、29日から優勝を争うロッテとZOZOマリンで2連戦を行う。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西