ニュース 2021.10.28. 15:00

アストロズ快勝し1勝1敗でWS第3戦へ アルトゥーベが史上2位タイPS通算22発

無断転載禁止
7回、左翼ポール際へソロ本塁打を放ったアルトゥーベ
【ワールドシリーズ第2戦】
○ アストロズ 7 - 2 ブレーブス ●
<現地時間10月27日 ミニッツメイド・パーク>

 ブレーブスが先勝して迎えたワールドシリーズ第2戦は、アストロズがホームで打ち勝ち快勝。星取を1勝1敗のタイに戻し、現地29日にアトランタで行われる第3戦を迎えることになった。

 アストロズは1点を先制した直後の2回に同点とされるも、その裏の攻撃で適時内野安打を含む4連打で勝ち越し。さらに相手守備の乱れも重なり、2回だけで5安打4得点の猛攻で主導権を握った。

 投げてはリーグチャンピオンシップで2回持たず6失点KOされていた先発のホセ・アーキディが5回7三振2失点の力投でゲームメイク。6回以降はブルペン陣がブレーブス打線を無失点に抑え、反撃を許さなかった。

 「1番・二塁」で先発したホセ・アルトゥーベは第1戦こそ5打数0安打3三振に終わっていたものの、この日は一発を含む2安打2得点。ポストシーズンの通算本塁打数を「22」に伸ばし、ヤンキースで活躍したバーニー・ウィリアムズと並ぶ歴代2位タイに浮上した。

 自慢の打線が機能したアストロズは、これで5得点以上を記録した試合が今季ポストシーズンだけで10試合に到達。この数字は2015年に同11試合で5得点以上を記録したロイヤルズに次ぐ史上2位の記録となった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西