ニュース 2021.11.01. 18:47

広島・石原、17球粘って技ありの4号3ラン プロ初登板の18歳・小林を援護

無断転載禁止
広島・石原貴規
2021.11.01 18:00
東京ヤクルトスワローズ 7 終了 9 広島東洋カープ
神宮

まずはバットでルーキー右腕を援護!


 広島の石原貴規捕手(23)が1日、今季チーム最終戦となったヤクルト戦(神宮)の初回に左翼席へ飛び込む4号3ランを放った。

 石原は「6番・捕手」でスタメン出場。初回に1点を先制したあとなおも二死一、三塁の好機でヤクルトの先発左腕・高橋と対戦し、2球で追い込まれたがその後ファウルで粘った。フルカウントになったあとも5球連続ファウルで粘り打席内で思わず苦笑い。そして17球目の内角低めの変化球を上手くすくい上げると、打球は左翼席最前列に着弾する4号3ランとなった。

 この日はドラフト4位で加入した18歳の小林がプロ初登板初先発。デビュー戦となったルーキー右腕を、まずはバットで力強く援護した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西