ニュース 2021.11.04. 18:03

DeNAのドラ2・徳山が番長に弟子入り志願「貪欲に聞いて学んでいきたい」

無断転載禁止
DeNAからの指名挨拶を受けた早稲田大の徳山投手

即戦力期待のセンバツ制覇右腕


 DeNAからドラフト2位指名された早稲田大の徳山壮磨投手が4日、進藤編成部長、河原スカウティングディレクター、八馬スカウトからの指名挨拶を受けた。

 指名挨拶後、オンラインでの取材に応じた徳山は「開幕から一軍で、1年間通して投げられるピッチャーとして、期待に応えられるようにしっかり準備してやっていきたい」と目標を語り、ストロングポイントは「ストレート、スライダー、フォークの全球でしっかりとゲームを作っていくというのが持ち味。その中でもストレートのキレで勝負していきたい。長所を活かしながらプロでやっていきたい」と抱負を口にした。

 球団からは「1年目から即戦力として、先発中継ぎ問わず頑張って」と声をかけられたことを明かし、担当した八馬スカウトも「即戦力且つ、先発としても中継ぎとして両方の能力を持っているピッチャー。また来シーズンの入団後は、先発としての可能性と、短いイニングでも活躍できる能力を持っているので、チームに与えられたポジションで役割を果たしてくれる投手だと思う」と評価した。

 徳山自身も「どのポジションでもどういう状況でも投げられるような投手を目指していきたい」としつつ、「チャンスをもらっている中で結果を残していかないと希望通りにはいかない。先発、中継ぎ問わず結果を残していって、最終的には先発としてやれたら」とコメント。憧れはMLBツインズでプレーする前田健太投手で、「小さい頃からピッチングスタイルやフォームを見てきた。(前田投手のような)球界を代表する投手になれるように頑張りたい」と、先を見据えた。

 ベイスターズについては「投打ともにまとまっているチーム」との印象を口にし、三浦監督には「横浜一筋で、エース番号を付けていて、コントロールがすごく良い投手という印象。自分もコントロールとキレで勝負していきたいので、貪欲に聞いて学んでいきたい」と、弟子入りを志願した。

 また、「プロはすごい投手ばかりでレベルも高いので、成長していけるようにコミュニュケーションをとりながら色々と話を聞いていきたい」と、先輩ピッチャーからも貪欲に吸収していく構えだ。

 ベイスターズのOBでもある早稲田大の恩師・小宮山悟監督からは「プロに入ってからは気が張った状態でプレーしなければならない。学生と違って気持ちを緩めるときはないので、ケガが怖い」とのアドバイスを送られ、「自分の身体と相談しながらやっていけたら」と、フィジカル面も重要視していく考えだ。

 「プロとして目指すところはチームのエース」と言い切った徳山。大阪桐蔭高3年時にはセンバツで優勝し、甲子園通算7勝をマークした全国区右腕が、プロの世界でも貪欲にテッペンを狙っていく。


取材・文=萩原孝弘(はぎわら・たかひろ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西