ニュース 2021.11.06. 17:14

今季“0”犠打の巨人・ウィーラーが犠打!江本氏「原監督の采配ですよね」

無断転載禁止
巨人・ウィーラー (C) Kyodo news
2021.11.06 14:00
阪神タイガース 0 終了 4 読売ジャイアンツ
甲子園
【CSファーストステージ第1戦】
● 阪神 0 - 4 巨人 ○
<11月6日 甲子園>

 今季“0”犠打のウィーラーの送りバントが、巨人の先制点につなげた。

 0-0の5回先頭の丸佳浩が、阪神の先発・高橋遥人から二塁内野安打で出塁する。続くウィーラーは初球、バントの構えを見せるもボール。ウィーラーは2球目もバントを試み、投手前にうまく転がし丸を二塁へ進めた。

 この犠打に6日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズセ ファーストステージ 阪神-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「この辺は原監督の頑固さというか、采配ですよね。普通、最初の構えを見たらやめさせますよ」と振り返った。

 巨人は中島宏之の右安で一、三塁とすると、吉川尚輝がセンター前に弾き返す先制適時打となった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM