ニュース 2021.11.21. 13:16

大阪桐蔭が優勝候補対決を制す 1年生左腕・前田が6回無失点10Kの圧巻救援!

無断転載禁止
大阪桐蔭・前田悠伍 (C)Kyodo News
【第52回・明治神宮野球大会】
○ 大阪桐蔭 8 - 4 敦賀気比 ●
<11月21日 高校の部2回戦>

 明治神宮野球大会・高校の部2回戦が21日に行われ、近畿代表の大阪桐蔭(大阪)が北信越代表の敦賀気比(福井)を逆転で下し準決勝に駒を進めた。

 大阪桐蔭は3-4と1点ビハインドの4回から登板した1年生左腕・前田が好救援。キレの良い直球と多彩な変化球を駆使し圧巻の奪三振ショーを展開した。5回は敦賀気比の強力クリーンアップを相手に3者連続三振。6回は二死から初被安打となる左前打を許したが、一塁走者を巧みな牽制で誘い出し盗塁死に仕留めた。

 前田は打者としても1点を追う6回、一死二、三塁の好機で同点となる左犠飛を打ち上げ打点を記録。攻守に渡る活躍で逆転勝利の立役者となり、投げては6回無失点、2安打10奪三振の快投を見せた。

 大阪桐蔭は6回、前田の左犠飛で追いついたあと、1番・伊藤の左中間突破の適時二塁打で逆転。7回以降も6番・田井、7番・星子の連続適時打などでリードを広げた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西