ニュース 2021.11.27. 08:00

井端氏、日本一に王手のヤクルトは「山本投手から何点取るか」

無断転載禁止
ヤクルト・高津臣吾監督
 セ・リーグ 王者のヤクルトとパ・リーグ王者のオリックスの日本シリーズは第5戦を終えて、ヤクルトが3勝、オリックスが2勝と、ヤクルトが20年ぶりの日本一に王手をかけている状況だ。

 日本一に王手をかけ迎えた第5戦、ヤクルトは2-5の8回に山田哲人の3ランで同点に追いついたが、守護神・マクガフが9回に先頭の代打・ジョーンズにソロを浴びこれが決勝点に。5-6で敗れた。舞台を神戸に移し、第6戦が今夜行われる。

 25日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第5戦 ヤクルト-オリックス』で解説を務めた井端弘和氏は、ヤクルトについて「あと2戦のうち1戦勝たないといけないですけど、あまり先に伸ばすとオリックスが有利に働くことがある。次の6戦目は山本投手ですけど、2回目の対戦でイメージがあると思いますので、山本投手から何点取るかというところだと思いますね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM