ニュース 2021.12.02. 18:00

広島ドラ6の大阪ガス・末包が豪快弾!「打った瞬間でした」

<第92回都市対抗野球 1回戦>
● 伏木海陸運送(高岡市) 0 ー 4 大阪ガス(大阪市) ○

 広島からドラフト6位で指名された大阪ガスの末包昇大が4回にセンターバックスクリーンへ豪快なソロを放った。

 『4番・右翼』で出場した末包は0-0の4回一死走者なしで迎えた第2打席、伏木海陸運送・西納敦史が投じた初球の小さく曲がる変化球を捉えると、「1打席も同じような球が来て打ち損じた感じがあった。2打席目は同じような球がきて、打ち損じなく、打った瞬間でした」と本人も手応え十分のバックスクリーンに飛び込む本塁打。 「大事な初戦でしたし、チームに勢いをつけるには長打が必要と思っていた。結果的に勢いをつけられて良かった」と振り返った。

 前田監督は末包のホームランについて、「やはり、エース同士の投げ合い、ヒットが出ない長打が出ないケースが多いと思うが、起死回生というかベンチのムードも良くなる。元々ムードメーカー的な存在なので彼が打つとチームが盛り上がる。非常に良かったと思います」と褒めた。

 末包は「やはり、優勝は目指していますが、大阪ガスというチームが良いチームというのを皆さんに知ってもらいたい。全国の舞台で披露したい。ここに入ってこれだけ成長出来た。恩を返す意味でしっかり貢献していきたい」と今後に向けて意気込んだ。

 また広島に指名されてからの心境について、「自分の中で今後を見据えて、打ち損じをなくす、ミスショットを減らす事を心がけている。指名後から成長出来ている」と話していた。

(取材=ニッポン放送アナウンサー・大泉健斗)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM