ニュース 2021.12.04. 14:51

DeNAのドラ1・小園健太が“18番”をお披露目 三浦監督と新旧18番対談で「横浜を第二の故郷に」

無断転載禁止
DeNAのルーキー・小園健太が「18」をファンにお披露目 [写真=萩原孝弘]

本拠地ファンに「18番」お披露目


 DeNAは4日、本拠地・横浜スタジアムで『横浜DeNAベイスターズファンフェスティバル2021』を開催。

 新入団選手たちがファンの前に登場した。




 ドラフト1位ルーキーの小園健太は、前日の新入団選手記者発表会見で「背番号18」のユニフォーム姿を披露していたが、ユニフォームを着てファンの前に立つのはこの日がはじめて。

 ステージに登った小園は、自身のアピールポイントとして「ピンチでの粘り強さ」を挙げ、「チームの勝利にたくさん貢献したい」と力強くコメント。

 続いて、出身である市和歌山高野球部の仲間からのメッセージビデオがサプライズで流れると、これには思わず笑顔を見せ、「友達を含め、たくさんの方々から応援されている」と語り、喜びを噛み締めながら気を引き締めた。



直接のエール「18番をもっと大きくして」


 その後、小園はオンラインコンテンツ「YouTube Live 無料オンラインイベント」の新入団選手特別企画に出演。そこでは、三浦大輔監督との「新旧背番号18スペシャル対談」が実現した。

 右腕はドラフト当日を振り返り、「指名していただいてホッとしたが、どちらのチームになるか緊張していた」と、正直な胸の内を吐露。これには抽選のクジを引く役目を務めた三浦監督も、「プレッシャーがすごくて、めちゃめちゃ緊張した」と言い、指名の瞬間からクジを引くまではお互いにナーバスになっていたことが明らかになった。


 指揮官は自身の入団時のことを思い返しながら、「右も左も分からなかったが、いろいろな人に声をかけてもらって横浜が一番好きになった」と語り、「横浜で成績を残して、第二の故郷になって」と“新18番”へエール。

 18番の継承については「ドラフトが終わった後に代表と話した」とのことで、「小園が18番をもっと大きくして」と直接のリクエスト。バトンを受けた小園も、「横浜の18番は重い番号。横浜の18番といえば小園、と言われるような結果を残せるように頑張りたい」と、力強く意気込みを口にした。


 最後は「チームメイトに信頼してもらえるようなピッチャーに、これからなっていきたい」という決意を込めて、書道10段の腕前を披露。色紙には「信頼」の2文字をしたため、三浦監督も「力強い字。ひとつひとつ積み重ねていってもらえたら」と、目を細める。

 “横浜ナンバー”を渡した者と、受け継いだ者…。横浜の新時代を切り拓く2人から目が離せない。


取材・文=萩原孝弘



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西