ニュース 2022.01.04. 17:29

楽天・米田新球団社長が年頭あいさつ「未来を切り拓くチャレンジを」

無断転載禁止
楽天生命パーク宮城

「私達はベースボールエンターテイメントカンパニー」


 1月1日付で楽天の球団社長に就任した米田陽介社長が4日、2022年シーズンの仕事初めに際して年頭のあいさつを行った。

 楽天は約8シーズンに渡って球団社長を務めていた立花陽三氏が2021年限りで勇退し、米田副社長(当時)へ球団社長の座引き継ぐことを12月16日付で発表。楽天グループで躍進してきた38歳の若きリーダーが今オフから球団トップの座についた。

 米田社長は「今シーズンはようやく収容100%で試合を開催することができます。これは、私達にとってはもちろん、スポーツ界全体としても大きなターニングポイントになる大きな節目です」とコロナ情勢の進展にも言及しつつ、「『私達はベースボールエンターテイメントカンパニー。野球を通じて、夢と感動をお届けする』今年から新体制になりますが、この信念を胸に刻み、全力で、共に、未来を切り拓くチャレンジをしていきましょう」と呼びかけた。

 現場では昨季、石井一久GM兼監督が指揮を執り66勝62敗15分けの3位でフィニッシュ。“全権監督”2年目となる2022年シーズンは、2013年以来9年ぶり2度目の日本一が期待されている。


米田陽介社長・あいさつ全文


新年あけましておめでとうございます。いよいよ2022年がスタートします。

今シーズンはようやく収容100%で試合を開催することができます。これは、私達にとってはもちろん、スポーツ界全体としても大きなターニングポイントになる大きな節目です。

ただし、決して油断することなく、新型コロナウイルスへの対策を徹底しながら、今シーズンはいろいろなチャレンジを両立し、楽天生命パーク宮城へイーグルスファンの皆様に戻って来ていただき、再びスタンド全体をクリムゾンレッドに染めましょう。

そして、2013年以来の日本一を目指し、楽天イーグルスが東北を熱くしましょう。

そのためにも、まずは3月25日の「東北開幕」を最高の状態で迎えられるよう、"用意周到"に準備していきましょう。

「私達はベースボールエンターテイメントカンパニー。野球を通じて、夢と感動をお届けする」

今年から新体制になりますが、この信念を胸に刻み、全力で、共に、未来を切り拓くチャレンジをしていきましょう。

よろしくお願いいたします。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西