ニュース 2022.01.12. 19:42

ヤクルトのドラ1左腕・山下輝「一軍で活躍したい」井端氏の言葉に決意

無断転載禁止
山下輝(手前)ら新人合同自主トレに参加したヤクルトのルーキー[写真=別府勉]

新人選手研修会を受講


 ヤクルトのドラフト1位左腕・山下輝投手(22=法政大)が12日、オンラインで行われた新人選手研修会を受講した。

 侍ジャパンのU-12代表監督に就任した井端弘和氏の講演を聞いた山下は「二軍に慣れないようにという言葉があった。少しでも早く自分も一軍で活躍したいなと感じました」と決意をにじませると、「一軍で活躍するために、ファンの方への対応の話もありました。そういったところもプロ野球選手としてやっていきたいなと思いました」と、プロ野球選手としての心構えを胸に刻んだ。

プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<

 最速152キロを誇るサウスポー。奥川恭伸や高橋奎二ら若い先発陣の一角として期待されるが、左尺骨を疲労骨折した影響で、新人合同自主トレ初日はキャッチボールを回避した。

 「まだネットスローという状態なので、少しずつ投げられるように」と話したが、「良い具合に投げられている。かなり良くなってきている」と、手ごたえも口にした。

 「まだまだ先の話になるかもしれないですけど、いずれは入ってみたい」と、将来の侍ジャパン入りへ思いを巡らせた男は、「大学生は即戦力としてとっていただいている。少しでも早くチームのために勝てるように貢献したいなと思っています」と、力を込めた。

 「まずはケガをしないことが自分の1年目の目標です」と話した山下。焦らず己と向き合い、キャンプインへ向けて状態を上げていく。


取材・文=別府勉(べっぷ・つとむ)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西