ニュース 2022.01.14. 17:09

DeNAに帰ってきた藤田一也が自主トレで決意 「優勝のときにその輪にいられるように」

無断転載禁止
ZOOM取材に応じるDeNA・藤田一也 ©YDB

「若手の対抗馬に…」


 DeNAに復帰した藤田一也選手(39)が14日、自主トレ後にZOOMで取材に対応。

 ベイスターズの選手として迎えた1月について、「入る感じは一緒ですが、古巣に帰ってきて今年一年がはじまるので、新鮮な気持ちでスタートをしたなと思います」と語った。



プロ野球を見るならDAZN!
>>1カ月無料トライアルはこちら<<


 通常は「年が明けて三が日くらいは身体を休めて、4日・5日くらいから」始動していたと言うが、「12月は引っ越しなどでバタバタしていて練習時間が取れなかった」こともあり、「今年は元旦から、身体を起こしながらスローペースでスタートしている」と明かす。

 現状については、「京都で11日から(自主トレ)をスタートして、普通に身体も戻って来ていて、4日間良い練習ができています」と満足げな表情。

 今後も例年と同じように、「しっかりと基本練習をして下半身を強化し、ノックからバッティングに入る」という方針。「2月1日から100%の動きができるようにして、アピールできるように身体を持って行きたい」と意気込んだ。



 10年ぶりに戻ってきた古巣。内野には牧秀悟や森敬斗といった若きライバルがひしめくが、「勝負する気持ちもあるし、みんなで切磋琢磨してやらないとチームは強くならないので、対抗馬になりたい。嬉しいし、楽しみでもあります」と、共闘を望む。

 今年でプロ18年目。7月には40歳を迎えるが、「選手でいる限りはバッティングでも守備でも、すべてにおいてレベルアップしたい。ベイスターズで優勝したいという気持ちがあるので、優勝のときにその輪に自分もいられるように。しっかりと鍛えてチームの力になれるように頑張ります」と、言葉に力を込めた。

 相思相愛でプロ入りした時からの忘れ物を取り返すために…。10年の時を経て帰ってきた“ハマの牛若丸”は、年始からしっかりと進めている。


取材・文=萩原孝弘



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西