ニュース 2022.02.01. 17:00

日ハム・清宮、キャンプ初日を終え「やれることからやっていきたい」

 日本ハムの清宮幸太郎が1日、春季キャンプ初日を振り返った。

 清宮は自主トレ期間中の1月に新型コロナウイルス陽性判定を受け、春季キャンプはBOSS組(国頭)でスタート。

 初日はトレーナー指示のもと別メニュー調整となった清宮は初日を終えて、「(コロナ)療養中はスペースも限られていた。できることをやって過ごしていた。いま体調も凄く良い。療養期間もあったので無理をせずやれることからしっかりやって行きたい」と振り返った。

 この日は新庄剛志BIGBOSSが視察に訪れた。清宮は「まあBOSS組(国頭)なので。特に気にはしていないです」とコメントし、「(新庄監督には)球場の入り口で会わせて頂いて、楽しんでやってくれ、と言って頂きました」と明かした。

(取材=ニッポン放送アナウンサー・大泉健斗)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM