ニュース 2022.02.08. 16:05

日本ハムがビッグボス初陣を白星発進 阪神上回る11安打6得点、佐藤1号弾

無断転載禁止
日本ハムの「ビッグボス」こと新庄剛志監督 (C)Kyodo News
● 阪神 2 - 6 日本ハム ◯
<2月8日 宜野座>

 ビッグボスこと新庄剛志監督が率いる日本ハムは、今季初の対外試合となる阪神との練習試合を制し、白星発進の好スタートを切った。

 キャンプ前半に組まれた12球団最速の対外試合ということもあり、結果以上に内容が重要視される一戦だったが、日本ハムは立ち上がりから打線が快音を響かせ、活気あるベンチのムードが目立った。

 初回、相手先発・及川雅貴から1番・杉谷拳士、2番・野村佑希が連続安打でチャンスメークすると、押し出しで先制点を挙げた直後に、6番・今川優馬が左前へ適時打を放ち、初回から3点を先制。

 その後1点差とされるも、5回は二死一・二塁から高卒2年目の5番・細川凌平がしぶとく中前に落とし加点。続く6回には代打・佐藤龍世が昨季ファームで投手タイトルを総なめした右腕・村上頌樹から左翼席へ飛び込むチーム1号弾を放った。

 投手陣は先発した立野和明が2回3安打1失点、古巣相手に登板した2番手・谷川昌希が大山悠輔にソロホームランを浴びたものの、4回以降は河野竜生が2イニング打者6人をパーフェクトに抑える快投。その後も二刀流挑戦を表明している上原健太、柿木蓮、西村天裕が無失点リレーで締めた。

 野手陣は内野手登録の野村と細川が外野、外野手登録の五十幡が遊撃、万波が三塁を守るラインナップだったが、五十幡は複数の守備機会を無難にこなすなど、目立ったミスなく無失策。途中出場のドラ3ルーキー・水野達稀、難波侑平、石井一成らもバットでアピールし、終わってみれば阪神を上回る11安打6得点の快勝だった。

 一挙手一投足が注目されるビッグボスは、試合のほとんどをスタンド上のプレハブ小屋から観戦。4回途中にはベンチまで降りてきて選手へ指示を送り、クロスプレーの際どい判定には“リクエストポーズ”さながら、ブレハブからグラウンドへ向けて手でハートポーズを作る場面も見られた。


ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西