ニュース 2022.02.13. 15:51

楽天ドラ2・安田が豪快な適時二塁打 実戦初安打初打点、盗塁阻止は2戦連続

無断転載禁止
楽天・安田悠馬 (C)Kyodo News
○ 楽天 6 - 2 日本ハム ●
<練習試合・金武町>

 楽天のドラフト2位・安田悠馬捕手(21=愛知大)が13日、日本ハムとの練習試合で実戦初安打初打点となる適時二塁打を放った。

 安田は「5番・捕手」で実戦初スタメン。打撃では第1打席が見逃し三振、第2打席は投ゴロ、第3打席は空振り三振に倒れたが、8回は二死二塁の好機で日本ハムの6番手・鈴木健と対戦し、左中間を深々と破る適時二塁打を放った。これが実戦5打席目でうれしい“プロ初安打”。第1打席から豪快なフルスイングを続けファンを沸かせた。

 守りでは2回、日本ハム・佐藤の二盗を矢のようなストライク送球で阻止。盗塁阻止は途中出場した12日の阪神戦(宜野座)に続き2試合連続となった。この日は5回までマスクを被り投手陣をリード。6回からは特別ルールで指名打者枠に入り、打席では4打数1安打1打点、2三振の結果だった。

 楽天は4番の和田が逆転3ランを放つなど、前日4安打完封負けを喫した若手中心の打線が11安打6得点と奮起。投げては先発の高田が3回2安打無失点と好投するなど、日本ハム打線を計4安打2失点に封じた。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西