ニュース 2022.02.19. 11:00

延長12回制復活の方針。先発、ロングリリーフ、延長戦…ロッテOB清水直行さんならどう起用する?

無断転載禁止
ロッテナイン (C) Kyodo News
 現役時代5年連続2桁勝利を挙げ、2005年のリーグ優勝・日本一に“エース”として貢献し、現役引退後は2年間投手コーチを務めたロッテOBの清水直行さんに“7つのテーマ”でロッテ投手陣について語ってもらう第6回は、“延長12回制の戦い方”だ。

 今季は3年ぶりに9回で決着がつかなかった場合、最大で延長12回まで戦う方針となっている。そうなると、先発投手が1イニングでも長く投げること、試合を立て直すロングリリーフの存在が重要になっていきそうな予感だ。

 清水さんは「ロングリリーフはあえて置く必要はない」とのこと。では、先発が1イニングでも長く投げた方が良いのかーー。

 「もちろん、先発が完投してくれたら一番良い。基本的な考えとして中6日でローテーションを回っているのだから、先発が球数を使わず一人で投げ切ってくれた方がいい。これは基本として変わらない」。

 「その中にも展開というのが出てくる。ピンチや精神的な疲れなど、ベンチが判断したなかで、球数は投げていないけど、試合の流れ、相性というところでブルペンの出番がくる。ただ、基本的に先発が投げきるのがいいと思います」。

 その一方で、ロングリリーフ要員をブルペンで1枚置くのであれば、ベテランがその役割を担うべきだと考えている。

 「僕の持論では、若い投手がロングリリーフを担当する必要はない。登板があるかわからない投手がブルペンで一軍帯同して、あまり試合に投げないのは有効ではない。長く投げられるベテランが役割を担ってくれると、チームとしてはありがたいんじゃないかなと思います」。


9回で決着がつかなかった場合は?


 9回で試合の決着がつかず延長戦に入ったときのリリーフ勝負になる。

 延長戦で投げるタイプの投手は「表、裏とかあると思うけど、基本的には良い投手から投げさせるべき」とのことだ。

 清水さんは「勝利の方程式の益田から投げさせるのか、勝ちパターンで投げるピッチャーなどを投げさせて、それでも決着がつかなかったら残っているピッチャーですね」と話した。

 第6回まで先発、リリーフの中心に語ってもらったが、最終回となる次回は「若手を含めた教え子たちの現状をどう見ているのか」について語ってもらう。

取材・文=岩下雄太
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西