ニュース 2022.02.20. 16:13

中日・平田、右前打&好走塁で存在感 ドラ2・鵜飼は2安打1四球で3出塁

無断転載禁止
中日・平田良介
○ 阪神 4 - 1 中日 ●
<練習試合・宜野座>

 中日は20日、阪神と練習試合(特別ルール)を行い、1-4で逆転負けを喫した。

 打線は7安打1得点に終わったが、外野のレギュラーを争う面々がアピール。「8番・指名打者」で先発出場したドラフト2位の鵜飼は、5回の第2打席に左翼線への二塁打、7回の第3打席では中前打を放ち、3打数2安打1四球をマークした。

 この日初めて一軍に合流した平田は「5番・左翼」で先発。2打席凡退で迎えた6回の第3打席に昨季10勝を挙げた阪神・伊藤将から鮮やかな右前打を放ち、先制した2回には阪神外野陣の守備が乱れる間に判断よく一塁から長駆ホームインを果たした。

「1番・右翼」で出場した岡林は右前打と四球で2出塁。「4番・三塁」で先発した石川は2安打1四球で3出塁をマークした。

 投手陣は先発・岡野が3回無失点と好投するなど6回まで無失点リレー。しかし、1点リードで迎えた7回に4番手の大嶺が同点に追いつかれると、1-1で迎えた9回は6番手の藤嶋が一気に3点を失った。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西