ニュース 2022.03.06. 16:44

広島・大盛、三塁打でサヨナラ勝ち演出 途中出場続きもOP戦3試合連続安打

無断転載禁止
広島・大盛穂 (C) Kyodo News
2022.03.06 13:00
広島東洋カープ 3 終了 2 埼玉西武ライオンズ
マツダスタジアム
○ 広島 3x - 2 西武 ●
<オープン戦・マツダスタジアム>

 広島はオープン戦の連敗を4でストップ。途中出場した大盛穂外野手(25)がサヨナラ勝ちを呼び込む中越え三塁打を放った。

 大盛は7回の守備から途中出場。2-2の同点で迎えた9回、先頭打者としてこの試合の初打席に入り、西武の5番手・大曲と対峙した。3ボール1ストライク後の直球を捉えた大飛球は、西武の中堅手・金子のグラブをかすめる三塁打に。大盛は悠々と三塁ベースに到達し、ひとりでサヨナラ機を作り出した。

 続く磯村の三塁内野安打でサヨナラの生還。広島にとってはこれが今季のホーム初勝利となった。

 大盛はここまでのオープン戦、すべてベンチスタートだが、2月27日の日本ハム戦(名護)では右越えソロを放ち、3月3日のDeNA戦(横浜)では2打数1安打をマーク。少ない出番の中で、3試合連続安打(5打数3安打)と結果を残している。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西