ニュース 2022.03.11. 19:31

西武の開幕投手・髙橋光成が5回0封の好投 「不調」でもゲームメイクし収穫

無断転載禁止
西武・髙橋光成投手
2022.03.11 13:00
千葉ロッテマリーンズ 1 終了 3 埼玉西武ライオンズ
ZOZOマリン
● ロッテ 1 - 3 西武 ○
<オープン戦 ZOZOマリン>

 開幕投手に内定している西武・髙橋光成投手が11日、ZOZOマリンで行われたロッテとのオープン戦に先発登板。5回・75球を投げ、2安打無失点、1四球4三振と好投した。

 2回、イニング先頭のマーティンに右中間フェンス直撃の二塁打を浴び、さらに自身のワイルドピッチで無死三塁のピンチを招いたものの、5番・レアードを148キロの速球で空振り三振に打ち取るなど、後続を許さぬ粘りの投球。

 3回以降はボールカウントが先行しても、ストレートとスライダー、フォークのコンビネーションでロッテ打線を封じた。

 5回二死から高卒ドラ1ルーキー・松川虎生に一塁線を破られる“プロ初長打”を許し、この試合2度目のピンチを迎えたが、平沢大河を左邪飛に打ち取り無失点。最後はボール3からカウントを立て直し、147キロのストレートで押し込んだ。

 髙橋光は降板後、「0で帰ってくるのが一番ですので、そこは良かったです。ランナーを意識しすぎることなく、勝負することができました」と自身の投球についてコメント。

 本調子ではなかったものの、「調子が良くない中で、色々なボールでカウントを取ることができたのは良かったです。シーズン中にも(調子が)良くないことはあるので、そのような想定ができたと思います」と収穫を口にした。

 シーズン開幕が2週間後に迫り、調整登板はあと1回。本拠地・ベルーナドームで行われる3月25日の開幕戦では、昨季のパ・リーグ王者オリックスと対戦する。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西