ニュース 2022.03.11. 17:16

昨季二軍で左打者の被打率.161 ロッテ・成田が左の栗山を封じる!

無断転載禁止
ロッテの成田翔(C) Kyodo News

走者を置いた場面で登板


 ロッテの成田翔が、“左打者”をしっかりと封じた。

 4日のソフトバンク戦と8日の日本ハム戦はイニングの頭から登板し、右打者に打たれ2試合連続で失点していた成田だったが、11日の西武戦は0-1の6回一死一塁という場面で登板。

 栗山巧、呉念庭、高木渉、鈴木将平、源田壮亮と左打者が並ぶ打順ということもあり、左投手の成田にとって絶好のアピール機会だった。初球のストレートが外角に外れるも、2球目の外角ストレートで投ゴロ併殺に打ち取った。

 今季対外試合では初めて、走者を置いたイニング途中からのマウンドとなったが、しっかりと結果を残した。

左打者を抑える


 成田は昨季一軍で3試合・3回を投げ防御率0.00、左打者に対しては20年のセ・リーグ首位打者・佐野恵太(DeNA)を右飛、19年に首位打者に輝いた森友哉(西武)を122キロの外角スライダーで空振り三振に打ち取るなど、被打率.143(7-1)と抑えた。

 二軍でも昨季は左打者に対し被打率.161(62-10)と抑えこみ、3月23日の日本ハム戦で難波侑平に安打を打たれたのを最後に、左打者を18打数連続で抑えたということもあった。

 今年は2月からの対外試合、左打者に対して対戦数が少なく被打率.250(8-2)も、4日のソフトバンク戦から左打者は三森大貴を遊ゴロ、上林誠知を右飛、11日の西武戦で栗山巧を投併と3人連続で抑えている。ここまで9人の左打者と対戦し、与四死球は2日のオリックス戦で福田周平への死球1つだ。

 「しっかり目の前の打者を打ち取ることを考えて投げています」(昨年4月取材)とファームでも“左のワンポイント”として、得点圏で左打者を迎えたところで何度も登板してきた。そして、成田はここ数年 “一軍で活躍する”、“左打者を抑える”ということを常に口にしている。

 オープン戦に入って右打者との対戦が増える中で、打ち込まれる場面も多かったが、左打者を抑えるという役割を果たした。

 ロッテは“左のリリーフ”が不足気味。昨年は先発投手が走者を残し、左打者を迎えたところで右の田中靖洋、小野郁がマウンドに上がることが多かった。そういった意味でも、左打者を封じ続けることで、一軍での居場所を確保できるはずだ。また、リリーフ陣は近年速球派が増えてきたなかで、左の変則投手は貴重な存在。“左打者”を抑えることが、今後も重要になってくる。

▼ 成田翔の対外試合左打者成績
中山(巨人)左安
勝俣(巨人)一ゴロ
長岡(ヤクルト)二失
渡部(オリックス)空三振
後藤(オリックス)中安
福田(オリックス)死球
三森(ソフトバンク)遊ゴロ
上林(ソフトバンク)右飛
栗山(西武)投併

文=岩下雄太

【PR】プロ野球を観戦するなら「DAZN Baseball」

「DAZN Baseball」とは、月額2,300円(税込)でDAZNのプロ野球コンテンツをすべて楽しめるプランです(月々払いの年間プランのみ)。

プロ野球だけを楽しみたい方は、月額4,200円(税込)のDAZN Standard​よりも1,900円お得に視聴できます。

POINT

春季キャンプ、オープン戦、公式戦、交流戦、CSまで余さず堪能できる!

② オフシーズンもドキュメンタリーやバズリプレイなどコンテンツが充実!

③ DAZN初契約の場合、2024年2月29日までの契約で初月無料!

【PR】「DMM×DAZNホーダイ」でプロ野球を観よう!

「DMM×DAZNホーダイ」とは、DMMプレミアムとDAZN Standardをセットで利用できるプラン。

単体契約ならDMMプレミアム月額550円(税込)、DAZN Standard月額3,700円(税込)のところ、本プランなら月額2,980円(税込)だからとってもお得です。

※2024年3月1日(金)以降のDMM×DAZNホーダイ新規契約・再契約は、月額3,480円(税込)となります。
※DAZN Standardは2024年2月14日(水)以降、月額4,200円(税込)となります。

POINT

① 「DMM×DAZNホーダイ」なら単体契約より月額1,270円(税込)も安い!

2月29日までの契約で料金据え置き! 月額3,000円以下のプランは今だけ!

③ 3月以降の単体契約と比べると、2月中の契約なら月額1,770円もお得!

ポスト シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西