ニュース 2022.03.12. 17:23

ヤクルト・石川が5回途中2失点 修正能力見せ2回以降は持ち味発揮

無断転載禁止
ヤクルト 石川雅規
2022.03.12 13:00
東京ヤクルトスワローズ 11 終了 5 福岡ソフトバンクホークス
神宮
○ ヤクルト 11 - 5 ソフトバンク ●
<オープン戦 神宮>

 ヤクルトの石川雅規投手(42)が12日、ソフトバンクとのオープン戦に先発登板し、4回1/3(80球)を投げ、2安打2四球2失点で降板した。

 初回は二死無走者から粘る柳田悠岐に四球を与え、投手強襲の安打と自身のワイルドピッチで先制点を献上。引っ掛けるようなボールが散見されるなど、制球が定まらない立ち上がりだった。

 それでも、2回以降は高卒2年目・内山壮真との“23歳差バッテリー”で緩急自在に凡打を誘う好投を披露。5回一死無走者から8番・甲斐拓也に四球を与えたところで球数が80球に到達し、マウンドを降りた。

 2番手の小澤怜史が残した走者を返し、石川には2失点目が記録されたが、2回以降は高い修正力で持ち味を発揮。順調な仕上がりを感じさせる投球内容だった。

 試合後のテレビインタビューにて、高津臣吾監督は「まぁまぁじゃないでしょうか。警戒して四球を出して失点するシーンがあったんですけど、高さは間違えてませんでしたし。全体的にはそんなに悪くないように見えました」と投球内容を評価した。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西