ニュース 2022.03.20. 18:20

ソフトバンク、オープン戦連勝締め 1番ガルビス3出塁、左右両打席で快音

無断転載禁止
ソフトバンク・藤本博史監督
2022.03.20 14:00
広島東洋カープ 3 終了 8 福岡ソフトバンクホークス
マツダスタジアム
● 広島 3 - 8 ソフトバンク ○
<オープン戦・マツダスタジアム>

 19安打8得点を記録したソフトバンクが広島に連勝。8勝5敗3分けでオープン戦の全日程を終えた。

 ソフトバンクは2点を追う5回、9番・甲斐、1番・ガルビスの連打でチャンスメイク。一死一、三塁で途中出場・牧原の右翼線適時二塁打で1点を返すと、続く上林は技あり適時打を右前へ運び2-2の同点に追いついた。その後も5番・栗原、途中出場・松田の連続適時打で3点を追加。この回だけで7安打を集中し、一挙5点のビッグイニングとした。7回以降も打線がつながり3点を追加。計19安打で8点を奪った。

 スイッチヒッターの新助っ人・ガルビスは左右両打席でクリーンヒットを放ち、初回の四球含め3出塁。過去4試合は12打席で1安打7三振と空振りが目立っていたが、オープン戦ラストゲームで首脳陣を安心させる結果を残した。

 投手陣は開幕ローテ入りを争う田中正、大関、杉山の3投手がそれぞれ1失点。9回をパーフェクト救援で締めた津森はオープン戦6試合連続無失点とした。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西