ニュース 2022.03.27. 08:00

里崎氏、若林の逆転打に「ジャイアンツの戦略勝ち」と話した理由

無断転載禁止
巨人の若林晃弘(C)Kyodo News
2022.03.26 14:00
読売ジャイアンツ 7 終了 5 中日ドラゴンズ
東京ドーム
○ 巨人 7 - 5 中日 ●
<2回戦・東京ドーム>

 26日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-中日戦』で解説を務めた里崎智也氏が、8回裏の巨人の攻撃について言及した。

 里崎氏が語ったのは若林晃弘が逆転の適時二塁打を放った場面。巨人は2-5の8回に中田翔、中島宏之の適時打などで同点に追いつく。なお、一死一塁で大城卓三が送り、一塁走者の代走・立岡宗一郎は二塁へ進む。二死二塁となり途中出場の若林が、前進守備のセンターの頭を越える適時二塁打を放ち逆転に成功した。

 この適時二塁打に里崎氏は「ジャイアンツの戦略勝ちですよね」と一言。その理由について「一死ですけど大城をバントさせたことによって、(中日の)外野が大きく前進守備になった。通常の守備だったら、(センターの)大島は捕れたと思うんですよね。前進したがために頭を越えた。ドラゴンズは駆け引き負け、ジャイアンツは駆け引き勝ちですよね」と説明した。

 また、若林の打撃については「タイミングを外されましたけど、食らいついてバットに乗せて飛距離が高くあがったことで、前進守備の頭を越えましたよね」と評価していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM