ニュース 2022.03.30. 19:47

中日ドラ2鵜飼航丞がプロ初本塁打 自身1号&ドーム通算2000号のWメモリアル弾

無断転載禁止
中日・鵜飼航丞
2022.03.30 18:00
中日ドラゴンズ 6 終了 7 横浜DeNAベイスターズ
バンテリンドーム

重苦しいムードを吹き飛ばす会心の一撃


 中日のドラフト2位ルーキー・鵜飼航丞選手(22=駒澤大)が30日、本拠地バンテリンドームで行われたDeNA戦でプロ初ホームランを放った。

 「3番・左翼」で先発出場した鵜飼は、4点ビハインドの4回一死一塁で迎えた第2打席、ボールカウント2-1から相手先発・石田健大が投じた内角の142キロを強振。やや窮屈なスイングかと思われたが、打球は大きな弧を描いて左翼席中段へ着弾。デビューから11打席目での嬉しいプロ初ホームランとなった。

 この日は同じ中京大中京高OBの後輩右腕・髙橋宏斗投手(19)がプロ初登板初先発しており、4回まで4失点と苦しい投球。リズムに乗り切れない中で、場内に漂う重苦しいムードを吹き飛ばす一発にもなった。

 また、この本塁打はバンテリンドームでの公式戦通算2000号という節目の一発。次代を担う大砲候補にとっては、自身の1号と並ぶメモリアルアーチになった。

ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西