ニュース 2022.04.02. 21:00

江本氏、首位・巨人は「打線が去年と違って…」

無断転載禁止
巨人・原辰徳監督
 2日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル』に出演した江本孟紀氏が、巨人について言及した。

 開幕から2カード連続で勝ち越し、阪神との3連戦を迎えたが、初戦を6-5で勝利すると、2戦目は初回に2点を先制されるも、直後の1回裏に坂本勇人の2ランですぐさま同点に追いつく。2回に丸佳浩のソロで勝ち越すと、3回にポランコにも一発が飛び出し主導権を握る。先発・山﨑伊織が4回途中3失点でマウンドを降りるも、小刻みな継投でなんとかリードを守りきり、5-4で勝利した。

 巨人は開幕から3カード連続勝ち越し、7勝1敗で首位。チーム本塁打はリーグトップの12本、チーム打率(.262)、チーム得点(41)はいずれもリーグ2位だ。

 江本氏は「巨人は打線が去年と違って良い。特に坂本、丸、岡本にしても打っている。本来ならこれくらい打っていれば去年も優勝していた」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ショウアップナイター
  • ベースボールキング
アナログ   やぎメール   FM