ニュース 2022.04.14. 21:46

ソフトバンク・千賀がハーラートップタイ3勝目 連続無得点の不名誉記録にも終止符

無断転載禁止
ソフトバンク・千賀滉大
2022.04.14 18:00
福岡ソフトバンクホークス 4 終了 0 千葉ロッテマリーンズ
PayPayドーム
○ ソフトバンク 4 - 0 ロッテ ●
<5回戦 PayPayドーム>

 3試合無得点が続いていたソフトバンクが快勝。7回無失点と好投した千賀滉大が山本由伸(オリックス)と並んでハーラートップ3勝目(0敗)を手にした。

 この試合前まで30イニング無得点という不名誉記録が続いていたソフトバンクは、相手先発・二木康太に対し、初回一死から2番・野村勇が中越三塁打でチャンスメークすると、続く3番・中村晃が「どんよりとしたチームの雰囲気を晴らすことができて良かった」と前進守備を破る右前打を放ち31イニングぶりに得点。さらに相手のバッテリーミスで加点し、初回から幸先よく2点を先制した。

 その後はなかなか追加点を奪えなかったが、中5日で先発登板した千賀が尻上がりの投球内容で、7回(94球)を投げて3安打3四死球7三振で無失点とゲームメイク。2番手・モイネロの3人斬りに乗せられたかのように8回に打線が2点を追加し、最終回はセーブ機会ではなかったものの、前回登板で救援に失敗していた守護神・森唯斗が締めくくった。

 試合後、お立ち台に上った千賀は「内容に関しては難しい投球だったのかなと思いますけど、結果的にゼロでいけた。野手の方だったりタクヤ(甲斐拓也)が頑張ってくれたのかなと思います」と、女房役はじめバックに感謝。

 チーム31イニングぶりの得点を叩き出した中村晃は「こういうこともありますけど、なんとかみんなで1点ずつ積み重ねていこうという話を試合前にしました。その話し合いが見事に結果で出てくれたので良かったです」と安堵の表情で振り返った。

 これで今季のチーム成績は11勝3敗1分けの勝率.786。試合がなかった2位・楽天とのゲーム差を「1.5」に広げた。
ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西