ニュース 2022.05.02. 06:59

浸透するBIGBOSS野球でビッグイニング 「ずっと使ってほしい」高木豊氏からはお願いも…

無断転載禁止
今川を迎えるBIGBOSS (C) Kyodo News

一挙9得点の猛攻


 日本ハムは1日、敵地でロッテに9-3で快勝。

 試合前時点で防御率がリーグトップの「0.34」だったエンニー・ロメロから1イニングで9点を挙げる猛攻を見せ、そのリードを守り切った。




 3回までは一人の走者も出すことができなかった日本ハム。それでも4回、先頭の近藤健介が相手のエラーで出塁すると、一死から安打と四球でチャンスを作って石井一成の適時二塁打で2点を先制。なおも一死二・三塁から相手のタイムリーエラーで1点を加え、一死一・二塁からアリスメンディ・アルカンタラがレフトスタンドに叩き込む3ラン。ミスに乗じて難攻不落の左腕を攻略する。

 一死走者なしと仕切り直した後も淺間大基の安打と盗塁でチャンスを作り、二死からパスボールで走者を三塁に進め、近藤健介の適時打でロメロをKO。さらに代わった小沼健太から今川優馬がライトへ2ランを放ち、この回一挙9得点。この日はこの回に挙げた得点で勝ち切った。

 1日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の高木豊氏は、猛攻の口火を切った「石井の一打」に注目。「2ボールから迷いなく打った。ファーストストライクから迷いなく、強く打てているところが良い」と、チャンスの場面での積極的な姿勢を高く評価。「積み上げてきたものがこの場面に出ていた」とし、BIGBOSSイズムがチームに浸透していることが垣間見えるシーンとして強調した。



 また、高木氏からはBIGBOSSにお願いも…?

 「今川をずっと使ってほしいと思う。すごく魅力のある選手」と語り、ここ4戦で4発を放っている2年目の大砲候補を猛プッシュ。

 つづけて「もちろん、粗削りでボール球を振ることもありますが、一発の魅力はすごい。手首の使い方も柔らかくてムチのように使える。飛距離もあるので安定して使ってほしいなと」とし、いまノリにノッている25歳の飛躍に大きな期待を寄せた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』



ツイート シェア 送る

もっと読む

  • ALL
  • De
  • 西